リサイクル社会の実現に
向けて歩み続けます

 弊社は、これまでの「大量生産・大量消費・大量廃棄」という社会経済活動・ライフスタイルを見直し、環境への負担が低減される「循環型社会」の構築を目指した3R(リデュース:発生抑制、リユース:再使用、リサイクル:再生利用)を推進しています。
 2002年に建設資材リサイクル法が施行され、建設廃棄物であるコンクリート・アスファルト・木材の再利用、再資源化が強く望まれてきました。建設副産物のリサイクルは、地域の豊かな生活環境づくりを実現する重要な役割を担っており、環境問題にも積極的に貢献する必要があると考えています。